【エペレジェ 最新パッチノート】レベル上限解放とチャーム追加を含む3.2パッチノートが公式から発表

apexlegends-3.2patchnote-honnyaku

3.2パッチノート翻訳

プログレッションの更新

  • プレイヤーレベルの上限が100から500に増加。
    • レベル100に到達する為に必要なXPは約5%削減しました。

  • プレイヤーはレベル500で199個のApexパックを獲得できる様になりました。(以前は45個)
    • レベル2-20:レベルアップ毎に1パック
    • レベル22-300:2レベル毎に1パック
    • レベル305-500:5レベル毎に1パック
    • レベル毎に600レジェンドトークンは貰えます。
  • 100レベル毎にガンチャームを獲得します。

新しいガンチャームの追加

  • 36個のガンチャームがApexパックに追加されます。
  • ガンチャームはショップでも販売されます。

ピースキーパーについて

最近の変更の後にもピースキーパーが強すぎると感じているフィードバックが帰ってきています。
現在私達はできるだけ早く対処するために調整を進めており、それらの変更がいつになるかできるだけ早くアナウンスします。

QoL関連の変更

  • ヘルムとアーマーの色弱設定を鮮やかに見えるように変更しました。
  • デスボックスをルート中にダメージを受けた時にメニューを閉じるかどうか設定出来るようにしました。この設定は[ゲームプレイ]セクションで設定できます。
  • 最終地点のサークルの場所により多様性を持たせるために改善しました。
  • 自動スプリントがONになっているプレイヤーはL3を押せばスライドからスプリント出来るようになりました。
  • ライフラインのスーパーレジェンドに「調べる」アニメーションを追加しました。
  • 「ありがとう」キーがバインドされないバグを修正しました。
  • [PCのみ]設定で数値を選択した後に矢印キーを使用すると、次のオプションにジャンプする問題を修正。
  • ゴールドアーマーの出現率が低下しました。
  • プレイヤーはフィニッシャーをキャンセル出来るようになりました。

バグ修正

  • プレイヤーランクが間違って見えるバグを修正。
  • ワールドエッジの多数のバグ修正。
  • Respawn Dropshipが沈黙する事があるバグを修正。
  • バンガロールがウィングマンをピングする時にスカルピアサーについて言及する点を修正しました。
  • マッチサマリーでプレイヤーバナーが中心からずれる問題を修正。
  • シールドセルとフェニックスきっとの進行状況バーが読みづらい視覚的バグを修正。
  • 特定の場所でプレイヤーが即座復活出来るバグを修正。
  • リング外でプレイヤーがチームメイトを復活させることができないバグを修正。
  • ノックダウンシールドの視覚効果が破壊後も表示されるバグを修正。
  • Eva-8にダブルタップホップアップ装備時のバグを修正しました。
  • 一部のレジェンドがCD中のアビリティを使用しようとすると誤ったサウンドが再生されるバグを修正。
  • シールドセル使用時の視覚的なバグを修正しました。
  • プレイヤーが電車に押しつぶされる可能性があるバグを修正。
  • レジェンドの顔が歪んで表示されるバグを修正。
  • 破損したグラフィックとフレームドロップの問題を修正。
  • クリプトのドローンを電車の近くで飛行させるとプレイヤーの入力なしにクリプトが動き回る場合があるバグを修正。
  • クリプトの戦術アビリティのHUDが使用するまでリチャージされていないように見える問題を修正。
  • デスボックスが階段の上で停止せずにバナーカードを回収できなくなるバグを修正しました。

ノックダウンシールドの変更

  • ノックダウンシールドの形がプレイヤーの頭の上と後ろ側にも広がるようになりました。
  • シールド耐久値の変更
    • コモン:100HP→200HP
    • レア:250HP→450HP
  • ノックダウンシールドがアクティブな時の移動速度が減少:0.65→0.55

練習場関連の変更

  • フレンドリーファイアがサポートされるようになりました。設定メニューでオン/オフを切り替えれます。
  • [PCのみ]プレイヤーが練習場に入ることができない問題を修正。
  • 練習場で一緒参加していないプレイヤーのアニメーションが表示される事があるバグを修正。

レジェンド関連の変更

  • ワットソンのインターセプションパイロン
    • インターセプションパイロンの手榴弾を撃ち落とす性能が大幅に向上しました。
      入ってくるプロジェクタイルと出て行くプロジェクタイルを単に識別するのではなく、手榴弾の軌道を予測しゾーン内のどこかに着地する場合にそれらを迎撃します。
      つまり手榴弾はチームに関係なく迎撃ゾーン内へ投擲物を投げ入れる事はできませんがゾーン内から外側に向けては手榴弾を投げることができます。

練習場で友達呼んで撃ち合い練習できるのいい変更ですね!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お気に入り記事

      登録無し