Call of Duty Modern Warfareのディレクターが”キャンセル”されたと噂のミッションについてコメント

CallofDutyModernWarfare-respond-to-rumor

COD:MWのミッションが削除される?

InfinityWardのストーリーを担当しているディレクターのTaylorKurosaki氏からゲームリリース前にInfinityWardによって取り除かれたミッションはあるのかについてのコメントがなされました。

事の発端は海外のメディアであるKotakuが最新作のCall of Duty Modern Warfareは暴力的過ぎる部分が多いため、発売までにいくつかのミッションは検閲されキャンセルされる可能性があるだろうと発信したことから始まります。

それによって海外のCall of Dutyファン達に不安が広がってしまい今回Call of Duty Modern WarfareのストーリーディレクターであるTaylorKurosaki氏がその不安を払拭するために対応しなければならなくなってしまいました。

そこで、混乱したCall of DutyのファンがTaylorKurosaki氏のツイッターにロンドンを部隊にしたミッションがCall of Duty Modern Warfareから削除されるのかどうかを尋ねました。

「ちょっと混乱してるんだけど、ミッション辺りが検閲されてCOD:MWから削除されることってあるえるの?具体的に言えばロンドンのミッションなんだけど、教えてTaylorKurosakiさん!」

といった質問に対してTaylorKurosaki氏は

「いいや、ありえないよ。」との返事を返しました。

Call of Duty Modern Warfareのミッションを前もってプレイする機会を得た人たちによると、日本でも話題になったModern Warfare 2のミッションの一つである「No Russian」を超えると言われているようで、そこまで過激な内容だとするなら事前に検閲や自粛があると噂になってもしょうがないのかもしれません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お気に入り記事

      登録無し