協力プレイ可能な”かわムズ”ローグライトFPS「Gunfire Reborn」

gunfirereborn-samune

協力プレイ可能な”かわムズ”ローグライトFPS「Gunfire Reborn」プレイの様子

管理人

↑動画でのプレイの様子はこちら

目次

「Gunfire Reborn(ガンファイアリボーン)」ゲームデータ概要​

このセクションではこのゲームの発売日や対応プラットフォーム等の情報をまとめて紹介しています。

「Gunfire Reborn(ガンファイアリボーン)」対応言語

対応言語は以下の

日本語,英語,中国語 (簡体字),中国語 (繁体字),スペイン語 – ラテンアメリカ,スペイン語 – スペイン,ドイツ語,ロシア語,ポルトガル語,ポルトガル語 – ブラジル,タイ語,ベトナム語,韓国語,フランス語,イタリア語,トルコ語,ポーランド語

となっています。
公式で日本語に対応してくれているのはとても嬉しいですが、少し翻訳が怪しい部分もあるので「何だこの翻訳w」って笑えるくらいの心持ちでいると良いと思います。

「Gunfire Reborn(ガンファイアリボーン)」対応プラットフォーム

「Gunfire Reborn(ガンファイアリボーン)」の対応プラットフォームは以下の通りです。

まだ対応プラットフォームはアーリーアクセスのタイトルということもあって少ないです。

とはいえ開発が進むにつれて対応プラットフォームも増えていくと思います。

「Gunfire Reborn(ガンファイアリボーン)」その他データ

発売日:2020年5月23日 steam

プレイ人数:1~4

Steam Remote Play Together:未対応
Co-opゲームと言うところもあり、Steam Remote Play Togetherには対応していません。
将来的には画面分割のマルチプレイも実装されると嬉しいですねw

「Gunfire Reborn(ガンファイアリボーン)」公式ストーリー

このゲームについて:
Gunfire Rebornは、FPS、Roguelite、RPG内容を備えたアドベンチャーレベルのゲームです。プレイヤーはさまざまな能力を持つヒーローを操作して、さまざまな成長やゲームプレイを体験したり、ランダムにドロップした武器を使用してランダムな世界で冒険したりできます。このゲームは、シングルプレイもでき、または最大4人の協力プレイもできます。
このゲームでは、アドベンチャーの経歴はランダムです。再出発するたびに、まったく新しい体験が生まれます。さまざまなヒーローのアセンション、武器、アイテムに出会い、それにさまざまなビルド、バトルリズムを体験できます。
ゲームはまだ早期アクセスです。私たちはこれから、不具合を修正し、新しいゲームプレイコンテンツを追加します。ご支援ありがとうございます!ゲームを最適化するために最善を尽くします。

このゲームの特徴:
 Gunfire Rebornの特徴はなんといっても、ローグライトというシステムにあって
ローグライトとはローグライクとは厳密にいうと違います、どう違うかというと、30分くらいかかるので割愛しますが、簡単に説明すると少し引き継ぎ要素のあるローグライクといった感じです。

ランダムな武器ドロップ
ランダムなオカルトスクロール(パッシブ(自動)スキル)
ランダムなマップ

これらのドロップ状況を見ながら自分が思うロマンを詰め込んだビルドを構築していき、最深部を目指すというシンプルかつ奥が深いシステムになっています。

「Gunfire Reborn(ガンファイアリボーン)」ゲームレビュー

このセクションではプレイ後の感想をもとに「Gunfire Reborn(ガンファイアリボーン)」のレビューをしています。

「Gunfire Reborn(ガンファイアリボーン)」シュラボーイレビュー

 香港のインディーゲームスタジオ「 Duoyi Interactive Entertainment Limited」(めっちゃ名前長い……)が開発のローグライクFPSゲーム。
Coopプレイ可能でタレントと呼ばれる、恒久的にキャラを強化する要素の振り方次第では仲間を蘇生するのに特化することも可能。

 基本モードのステージ数は3つと少ないものの周回前提なのと、難易度上昇が存在するのでゲームの進捗で飽きる事は少ない気がするが周回プレイ自体に魅力を感じない人には不向きかも。

 全体的にめちゃくちゃ面白くてオカルトスクロールや武器のステータスのランダム性等ワクワクするロマンビルドを追い求める事ができる所や全体的な難易度がとても歯ごたえがありとても好き。
 記事執筆時点でアップデートがきて新キャラが追加されたが今からそのキャラのビルドを試すのがとても楽しみです。

 Borderlandsシリーズのプレイヤーなら簡単に馴染めるエレメンタルシステムが存在し、そのエレメンタルにはそれぞれのエレメンタル効果を同時に発生させる事で特殊な効果を発揮する「複合エレメンタル」が存在するが、そこら辺のチュートリアルが少ない気がしたので存在に気づくのに少し時間がかかった点が残念。(俺がアホなだけ説もあるが…)

「Gunfire Reborn(ガンファイアリボーン)」トレイトレビュー

 ハクスラ+FPS+ローグライト=神ゲー
ハクスラ+FPSはボーダーランズが有名で、そこにローグライトを足すとなると調整が難しくなると思ったけど、それをオカルトスクロール1つで解決しつつ
ビルドづくりをカジュアル層でもヘヴィ層でもたのしめるように作ってるのは凄いアイデアだと思う。
とにかく次次チャレンジしてしまって気づくと時間が溶ける、どうしてくれる。

ゲーム自体は個人的には結構歯ごたえを感じる難易度だけど、クリティカル(ヘッドショット)がダメージをだす上で重要だったりするので
FPSになれてない人でもめちゃくちゃいいAIM練習になると思いまする。

「Gunfire Reborn(ガンファイアリボーン)」総合評価

トレイト
操作性
4/5
難易度
3/5
ビルド性
3/5
かわいさ
3/5
シュラボーイ
操作性
3/5
難易度
4/5
ビルド性
5/5
かわいさ
5/5
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク