【TFT 攻略】世界1位のプレイヤーを2連続で破った終盤構成「エコノメンタリスト」とは?

TFT-kouryaku-economentalist

TFTの戦術の一つ「エコノメンタリスト」とは

海外掲示板のRedditにてTFTの戦術「エコノメンタリスト」について解説している方がいたので、許可をとり翻訳させて頂きました。
快く許可をくださったu/LysUltimaさん有難うございます。

最初に

今日は、私が現在出回っているビルドの中で最もお気に入りでありPBEで世界1位のプレイヤー「Hafu」を二回連続で破った構成「エコノメンタリスト」について解説します。
(証拠動画1)

(証拠動画2)

このビルドは大量のCCを持っているユニットが前線で耐えている間、後衛にいるブランドがどれだけダメージを出せるかにかかっています。

最序盤について

まず最初のカルーセルラウンドで
リカーブボウ>BFソード>涙>ロッド
の優先度の順でTier2のユニットを取得します。

このTier2ユニットは最初のミニオンラウンドが終了して時点で必ず売り、Tier1ユニットを買うための資金にしましょう。

最初はユニットのペアを作ることを意識して購入していきましょう。
もしペアが揃わない場合はガレンを優先し、いなければ
ノーブル>ナイト>ワイルド
の優先度の順でミニオンラウンドが終わるまで買えるだけユニットを買います。
ゲームの初期段階では、出来るだけ多くの星2ユニットを作ることを目標にしてください。

序盤について

ミニオンラウンドが終了するとPvPラウンドに突入しますが、ココでは絶対に経験値にゴールドを使わないようにしてください。

只々、貪欲に星2ユニットを作る事と所持金が50ゴールドに達するまで利子収入を得ることを目標に据えて行動してください。
もしこの段階でパイク、リサンドラ、ケネン、ブランド、チョガス、セジュアニ、ナーもしくはキンドレットを見かけたら購入してください。
(パイクはブランドが来るまでショウジンの矛とグインソーを持たせておく要因として)

続く、カルーセルラウンドではグインソーかショウジンの矛を目指してアイテムを取得して行きます。もし貴方がリカーブボウ、ロッド、BFソード、涙のいずれかを取得出来た場合グインソー、ショウジン、ラピットファイアキャノン(以下RFC)を作るまでは所持しておきましょう。

もし完成したこれらのアイテムを味方ユニットに所持させる場合、必ずバックラインのユニットに持たせるようにしてください。なぜなら、バックラインのユニットはブランドが来た時点で売却するからです。
またRFCはこのビルドにおいてグインソーよりも強いので余裕があればRFCを完成させましょう。といっても、グインソーのほうが完成させやすいはずなのでそこは臨機応変に。

この戦法をとった場合、あなたはおそらく連敗し続けるでしょう。でもこの連敗は想定内なので大丈夫です。連敗し、連敗ボーナスを貰えれば50Gに達するのが早くなり、更にカルーセルラウンドでアイテムを優先的に得ることが出来ます。

50Gが貯まったら

長い修業を経て50Gに達したら、所持金が50Gを下回らないように余剰分のゴールドをリロールか経験値に使用します。これは、貴方がlv8になるかHPが30を切るまで続けてください。

リロールをする場合は最前線のユニットを星2や星3にする事を念頭においてリロールしてください。また、同時にリサンドラ、ケネン、ブランド、チョガス、セジュアニ、ナー、キンドレッド、アニビア、ヤスオ、ケイルがいれば購入して良いでしょう。

ただしこれらのユニットは値段がとても高いので星3を目指すのは現実的ではありません。ので、それらのユニットが星2なのであれば経験値のためにゴールドを節約してください。
この構成のコアユニットはリサンドラ、ケネン、ブランドのエレメンタリスト達です。それ以外のユニットはブランドがひたすらダメージを出し続けるためのCC要員・肉壁でしかありません。

そしてケネン、ブランド、リサンドラもしくはアニビアが手に入ったら、バックラインに一時的なダメージディーラーとしておいていたユニットを売却しこの三体と入れ替えます。この時ブランドにショウジン、グインソーを持たせましょう。
もし貴方がモレロ、ガンブレ、デスキャップや余りのグインソーかショウジンもしくはRFCも持っているのであればそれもブランドに持たせましょう。
ブランドがアホみたいなダメージを叩き出して貴方をキャリーしてくれます。

Tips

貴方の前線+エレメンタリストの効果で呼び出されるデイジーはCC要員とタンクとしての役割しかありません。CC要員として優れているのはケネン、セジュアニ、チョガス、ナーです。また、この構成のリサンドラはエレメンタリストシナジーを発動させるためのBotでしか無いのでアニビアを手に入れることが出来たらすぐに入れ替えることをおすすめします。

このビルドの最終型をお見せします。
この最終型は言わばドリームチームみたいなものなのでこれと全く同じ構成になることは殆ど出来ないと思います。
「エコノメンタリスト」が強い部分の一つとして柔軟性が高いことが挙げられます。最終型と同じ形にはならなくてもCC要員や肉壁そしてブランドさえいれば敵を燃やし尽くすことが出来るでしょう。

TFT-economentalist-kousei
ドリームチーム

この構成を諦めるタイミング

最後に、周りと比較し圧倒的に引き離されそれでもブランドをまだ手に入れることが出来ていないという場合。
この構成を諦めてください。ブランド無しでエレメンタリストを完成させてもただ硬いタンクが生まれるだけの構成に過ぎません。
このゲームは確率に支配されたゲームなので、構成一辺倒になるのではなく与えられたユニットで臨機応変に動くべきです。

いかがだったでしょうか「エコノメンタリスト」
私自身もプレイ中序盤が芳しくない時にこの構成にシフトしたのですが、とても上手くハマり強い構成だと感じました!

文中にもある通り柔軟性がとても高いのでこの構成を元にまた新しい構成も生まれるかもしれませんね:)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お気に入り記事

      登録無し