モンスターハンターワールドアイスボーン:各武器の新アクションまとめ!

各武器の新アクションまとめ

大剣新アクション

・真・溜め斬り(強撃)

モンスターの弱点部位に対し、「真・溜め斬り」の1段目を当てると、2段目がより高威力になるようだ。

・強化撃ち

攻撃後に「強化撃ち」が行なえるようになる。その後「真・溜め斬り」か「なぎ払い」に派生可能となっていて、強化撃ちでひるませてから高威力な攻撃で追撃が狙うことができる。

太刀新アクション

・特殊納刀

攻撃後に可能な納刀動作で、「居合抜刀斬り」か「居合抜刀気刃斬り」に派生が可能となっている。

・居合抜刀斬り

命中すると練気ゲージ自動上昇の効果が得ることができる。相手の攻撃にあわせて繰り出すと練気ゲージの自動上昇量が一定時間増加するほか、「居合抜刀斬り」中はひるまなくなる利点がある。

・居合抜刀気刃斬り

練気ゲージの色が一段階下がる事と引き換えに高威力の技を繰り出すことが出来る。ただし相手の攻撃にあわせて繰り出すとことで練気ゲージの色段階を下げずに繰り出せ、「居合抜刀気刃斬り」中はひるまなくなる利点がある。

・強化撃ち

「気刃斬り」後に「強化撃ち」が可能となっている。モンスターのひるみを狙いつつ、「気刃斬り」を繰り出すことができる。

片手剣新アクション

・ジャストラッシュ

状態異常が通りやすい連続攻撃を繰り出せる。タイミングよくボタンを入力したときは、属性ダメージや物理攻撃力が上がりダメージが通りやすく片手剣の強み発揮される。

・クラッチクローアッパー

抜刀時、回避中に繰り出せる「クラッチクロー」による対中空攻撃となっている。当てるとモンスターにしがみつくことができる。

・通常撃ち・強化撃ち 切り替え

片手剣の「強化撃ち」は、「通常撃ち」と同様、抜刀時であればいつでも使用可能。「強化撃ち」は抜刀時のスリンガー構え中に、切り替えることで発射できる。納刀すると通常撃ちに切り替わる仕様となっている。

双剣新アクション

・回避強化撃ち

二段斬り系の攻撃後に、「強化撃ち」をしながら回避が可能。ひるみを狙いつつ、回避後さらに攻撃を繋げることができる。

・特殊なクラッチクロー攻撃

鬼人化中、「回転斬り」(2回目)後に繰り出せるクラッチクロー攻撃。大型モンスターにヒットするとしがみつき、ボタンの追加入力で「回転斬り上げ」に派生することが可能。

・回転斬り上げ

鬼人化中のクラッチクロー攻撃から派生する技。「クラッチ中 武器攻撃」と同等の性能を持ち、部位に傷をつけたり、落とし物を発見できる可能性がある。

ハンマー新アクション

・溜め攻撃後のクロー攻撃

「溜めアッパー」または、「溜め叩きつけ」後に可能なクロー攻撃となっている。大型モンスターにヒットすると、しがみつくことができる可能性がある。

・強化撃ち

溜め中に「強化撃ち」が可能。「強化撃ち」後も、溜め状態は維持される。溜め中に「強化撃ち」を織り交ぜて、隙を補うという使い方がよさそう。

狩猟笛新アクション

・響音攻撃

攻撃後、「響音攻撃」を繰り出せるようになり、「響音符」が譜面に並ぶ。

・響音符を使用する旋律効果

「響音符」を絡めた旋律は、演奏すると演奏を行なった場所に「響玉」が発生。「響玉」に触れることで特殊な旋律効果を獲得できる。また、重ね掛けを行なうと重ね掛け前に演奏した同旋律数に応じて、もう一度同じ効果かそれ以上の効果を持つ「響玉」が発生する。

【旋律効果の例】

自分強化【速】&回避性能UP
「響音符」を使用した旋律効果となっている。「響玉」に触れたプレイヤーは、一定時間回避性能があがり、「狩猟笛」を装備しているプレイヤーであれば移動速度もアップする。

ランス新アクション

・強化撃ちガード

ガード性能が上がり、安全に「強化撃ち」ができる特殊なガードとなっている。ボタン入力でスリンガーを「強化撃ち」から「通常撃ち」に切り替えるが可能。(通常のガードと違ってガード中動くことができないようだ)

・カウンタークロー構え

「強化撃ちガード」中に派生できる構えとなっている。構え中はスタミナを消費するが、攻撃を受けると自動的に「クラッチクロー」で攻撃ししがみつくことがある。しがみつきが成功したときわずかな時間ひるみ無効の効果を得る事ができる。

ガンランス新アクション

・起爆竜杭装填

抜刀時のスリンガー照準中に、スリンガーの弾を使用して「起爆竜杭」を装填できる。装填時、使用したスリンガーの弾の種類と数によって、「起爆竜杭」の食い込む時間が変化するようだ。(装填時にスリンガーの弾を全弾消費してしまう。)

・起爆竜杭

装填した「起爆竜抗」は、モンスターに当てると当たった場所に一定時間食い込むようだ。食い込んだ「起爆竜杭」に砲撃を当てると、爆発してダメージを与えることができる。また、当てた砲撃の威力によって起爆時の爆発ダメージも変わるようだ。

 

スラッシュアックス新アクション

・斧強化状態

「斧:振り回し」を一定回数連続で行なった後に繰り出せる「斧:強化叩きつけ」を発動すると、斧強化状態となる。一定時間、斧での攻撃時にひるませやすくする効果を得ることができる。

・特殊なクラッチクロー発射

属性解放突き中に「クラッチクロー」を発射可能。大型モンスターにヒットすると、しがみつくことができる可能性がある。「クラッチクロー」発射時の攻撃はビンの出力が高く、高出力状態になりやすいらしい。

・クラッチ中の零距離解放突き

高出力状態中はクラッチ中に零距離解放突きが可能。「クラッチクロー」で距離を詰めつつ、クラッチ中に高威力の攻撃が狙うことができる。

・強化撃ち

斧モードの一部攻撃後に「強化撃ち」が可能。「強化撃ち」から「斧:なぎ払い変形斬り」へ派生も可能となっている。

チャージアックス新アクション

・斧強化状態

ビンが一本以上ある状態で「斧:高出力属性解放斬り」の予備動作中、「属性廻填斧強化斬り」をすると「斧強化状態」になる。一定時間、斧での攻撃が連続ヒットし、ビンの種類によってさらに下記の強化効果が追加される。

・強属性ビン
斧攻撃時の属性攻撃力がアップ、強化時間が長い。

・榴弾ビン
斧攻撃時の物理攻撃力がアップ、強化時間が短い。

「斧強化状態」中は一定時間ごとにビンを消費し、ビンがなくなると「斧強化状態」が解除されてしまう。

・強化撃ち

斧モード中は斧攻撃後に「強化撃ち」を行なえ、剣モード中はガードリアクション中に「強化撃ち」が可能。ガード時に大きくのけぞっていると「強化撃ち」を行なえないが、属性強化状態などガード性能が上がっていればのけぞりにくくなり、「強化撃ち」を成功させやすいようだ。

操虫棍新アクション

・猟虫強化

スリンガーの弾を使い猟虫を強化できる。「猟虫強化」を行なうと、強化エキスを2つまで採取でき、各色のエキス効果時間が延長されていく。さらに、強化に使用したスリンガーの弾によって下記の効果が付与される。

猟虫強化【力】
モンスターが落とすスリンガーの弾で強化した状態。猟虫の攻撃力が上がり、猟虫粉塵の発生間隔が短くなる。

猟虫強化【気】
フィールドで採取したスリンガーの弾で強化した状態。猟虫のスタミナ最大値が上がり、緑を除く3色が揃った時のエキス効果時間が延長される。

空中クラッチクロー攻撃

跳躍中に可能な「クラッチクロー」攻撃。大型モンスターにヒットするとしがみつける可能性がある。

急襲突き

跳躍中に繰り出せる落下しながらの攻撃できる。着地後の攻撃はヒットした部位に対して印弾効果がある。猟虫が腕についている状態で「急襲突き」を繰り出した際は、着地攻撃後に猟虫による追撃が発生するようだ。

弓新アクション

・竜の千々矢

「抜刀スリンガー照準」中に放てる射程は短いが強力な攻撃を発射可能。スリンガーの弾を全弾使用する(スリンガーの弾がない場合は、威力が低下するようだ)。

・抜刀スリンガー照準 切替

「照準モード」中、ボタン入力で抜刀スリンガー照準に切り替え可能。「抜刀スリンガー照準」中は、「クラッチクロー」やスリンガーの弾を発射可能で再度ボタンを押すと照準モードに切り替わるようだ。

ライトボウガン新アクション

・回避装填

「回避装填パーツ」装着時に可能なアクションとなっている。滑り込み回避時に1発分の弾を装填可能。リロードの隙が大きい弾や装填数の少ない弾との相性がよく、足を止めることなく撃ち続けることが可能となっている。パーツを複数装着することで装填する弾の数が増えるようだ。

・反撃竜弾

「起爆竜弾・改造パーツ」装着時に可能なアクションとなっている。「起爆竜弾」が前方へ射出する「反撃竜弾」に変化するようだ。反動は大きく、起爆可能な時間は短いが、モンスターの攻撃で起爆した際に大ダメージを与えることが出来る。(複数装着不可)。

ヘビィボウガン新アクション

・特殊照準構え

「特殊照準パーツ」を装着することで使用可能になる照準モードとなっている。照準器の表示が変化し、照準がオレンジ色に変化する≪超適正距離≫でボウガンの弾を当てると威力が上がるようだ。

・そのほかのヘビィボウガン専用の新強化パーツ

機関竜弾・改造
「機関竜弾」を連続して命中させたとき、より威力が上昇する。複数装着不可。

狙撃竜弾・改造
「狙撃竜弾」の性質が変化する。貫通性を失うが、弱点部位に極めて効果的な弾を放つことができる。複数装着不可。

 

・ライトボウガン、ヘビィボウガン共通の新要素

抜刀スリンガー照準 切替
「照準モード」中、ボタン入力で「抜刀スリンガー照準」に切り替え可能。「抜刀スリンガー照準」中は、「クラッチクロー」やスリンガーの弾を発射でき、再度ボタンを押すと「照準モード」に切り替わるようだ。

 

・ライトボウガン、ヘビィボウガン共通の新強化パーツ

弾丸重化パーツ
貫通ダメージを与えやすくなり、気絶や滅気の効果が高くなるようだ。弾速強化と併用、複数装着不可となっている。

弾速強化パーツ
弾速を強化することによって、射程や適性距離が延びるようになる。弾丸重化と併用、複数装着不可となっている。

※マスターランクで武器を強化していくと、強化パーツの装備枠が増えるようです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お気に入り記事

      登録無し