【Visage レビュー】P.T.風最凶ホラーゲーム!呪われた館の謎を解くまで誰も逃げられない…

visage_saito_samune

P.T.風最凶ホラーゲーム!「Visage」プレイの様子

管理人

↑動画でのプレイの様子はこちら

目次

「Visage(ヴィサージュ)」ゲームデータ概要​

このセクションではこのゲームの発売日や対応プラットフォーム等の情報をまとめて紹介しています。

「Visage(ヴィサージュ)」対応言語

対応言語は以下の

日本語,英語,フランス語,イタリア語,スペイン語 – スペイン,アラビア語,ブルガリア語,オランダ語,ギリシャ語,ポルトガル語,ポルトガル語 – ブラジル,ロシア語,スペイン語 – ラテンアメリカ,スウェーデン語,,ウクライナ語,ドイツ語,韓国語,中国語 (簡体字),トルコ語,ハンガリー語,ポーランド語
となっています。

多言語に対応しているので安心して幽霊に追われる事ができます!
ただし、何故かデフォルトの設定で字幕の設定が「無効」になっているので初めてゲームを開始した時には忘れずに「有効」に設定し直しましょう!

visage_SS1

「Visage(ヴィサージュ)」対応プラットフォーム

「Visage(ヴィサージュ)」の対応プラットフォームは以下の通りです。

「Visage(ヴィサージュ)」その他データ

発売日:2020年10月30日 steam

プレイ人数:1

Steam Remote Play Together:非対応

「Visage(ヴィサージュ)」公式ストーリー

この家には、恐ろしい過去がしみついている。
家族の一人がほかの家族全員を惨殺。発狂、自殺などおぞましい出来事が起こった。
各部屋には、見えないキャンバスにそれぞれの物語が描かれている。
プレイヤーはこの暗い過去の一部を追体験し、その断片が心をざわつかせ、恐れおののかせる。
奈落の底で死者と一緒になる方ががいいと思えるほどの恐怖。しかし、死んでもここからは逃げられない。
あなたはここから逃げるのか、影に潜む真実を暴こうとするのか?

といったストーリになっていてゲームが始まった時には、主人公の出自もほぼ明かされないまま呪われた館に投げ出されます。
その中、ゲームが進むに連れて段々と歪んでいく呪われた館を探索しながらここに住んでいた家族に何があったのかを考察しながら進んでいくという、ストーリーテリングに寄ったゲームプレイが特徴です。

visage_SS2

「Visage(ヴィサージュ)」ゲームレビュー

このセクションではプレイ後の感想をもとに「Visage(ヴィサージュ)」のレビューをしています。

「Visage(ヴィサージュ)」シュラボーイレビュー

カナダのインディーゲームスタジオ「SadSquare Studio」開発のアドベンチャーホラーゲーム。

色々なホラーゲームに影響を与えまくったあの「P.T.」に多大な影響をうけているゲームで段々と変わっていく館を霊に追われながら探索するといった点も似通っている。

グラフィックはとてもキレイで、その綺麗さも相まってとても怖いゲームになっている。
正気度というシステムがあり、正気度が低いと主人公の周りで色々な超常現象が起きるのだが、グラフィックがキレイなのと主観視点なのもありただ扉が独りでに閉まるだけでビビり上がる事ができます。

公式で日本語に対応してくれているのはとても嬉しいが、なぜかゲームが始まった直後は字幕の設定が「OFF」になっているので注意。
状況によるのかもしれないが、字幕がうまく表示されないシーンもありイベントの内容が時々わからなくなる時があったのも少し残念。

とはいえ全体的にストーリーは考察のし甲斐があり、ホラーの演出もとても上手いと思う。
自分はこのゲームをプレイ中怖くて毎日布団に包まって寝てたし、怖い夢も見ました…

アクション要素はほぼないものの謎解き要素は沢山あり、その謎解きの難易度も結構高いのでホラーゲームと謎解きが好きな方にはぶっ刺さるゲームだと思う。

ゲームは幾つかの章に別れていてその章ごとに敵キャラになる「幽霊」がいるが、本当にどれも気持ち悪くて怖かった。
特に効果音や音の使い方が上手く、不快感と恐怖でじわじわと追われている形を表現していて、プレイヤーの正気度をゴリゴリ削ってやろうという開発の気合が感じられた。

総じてホラーゲームに好きはぜひ実際にプレイしてもらいたいゲームでした。

visage_SS3

「Visage(ヴィサージュ)」総合評価

シュラボーイ
環境音
5/5
操作性
2/5
難易度
5/5
恐怖度
5/5
管理人

まじで怖いゲームでした…
ホラーゲーム好きの方は是非プレイして欲しいです!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク